Pound-1.0のpound.cfgファイルをいろいろいじってみたが状況は改善せず、301転送を続ける。諦めてPound-2.0をインストールしたら301転送をしなくなった。やれやれ。Poundの最新版は2.7だが、これはRedhat6.2ではコンパイルできなかった。2で一番古い2.0はコンパイルできた。相変わらずconfigureのSSL_CTX_newの項でエラーになるので、そこをコメントアウトする。そしてMakefileのLIBに-lzを追加するとコンパイルが正しく終わる。Poundの1と2ではpound.cfgファイルの文法が違うので、それを直して動かした。

Poundは正しく動くようになったが、Pound-1.0で301リダイレクトになってしまったwebサイトはどうもどこかに覚えられてしまったようで、アクセス不能になってしまった。ブラウザのキャッシュはクリアしているし、新しいマシンのブラウザでアクセスしても301の先に飛ばされる。ん?もしかしてapacheが301を覚えたのかな?ちょっと調べてみよう。

apacheのキャッシュは使われていなかった。キャッシュディレクトリには何もなかった。しかし、どうにもapacheが怪しい。そこで、えいやっとapacheを削除して再インストールしてみた。すると301を忘れてくれた。やはりapacheが301を覚えていたのだ。よく考えるとwordpressが覚えていたような気もするが、確かめる気力はないので放置。